新しい住まい

自分のライフスタイルが変わることで住まいが変わる人はたくさんいます。そのような人は新しい住まいに移った時には鍵を変えることが大事です。鍵を変えることで新しい住まいに入ることができる人は鍵の所有者だけになります。

車の鍵

車には、防犯性の高いイモビライザーというタイプの鍵がつけられています。もし、鍵をなくしてしまった時には鍵作成の業者に作ってもらいましょう。どんな鍵でも、今は作ってもらうことが出来るのです。

あらゆる場所で活用

カメラを設置するまえにおこなうこと

いまや防犯カメラはあらゆる場所に設置、活用されるようになってきています。一般住宅や集合住宅にも設置されるようになってきているのです。集合住宅では新築のものは最初から設置されています。既存の設置されていない集合住宅では新たに設置するようになってきています。集合住宅で新たに設置する場合には、事前に検討する項目があります。設置、設置後の維持費用などはもちろん確認項目です。さらに具体的設置場所、録画方法、そして録画機をおく場所など詳細を検討します。具体的に何の目的で設置するかということを念頭に設置場所を決定していきます。建物内への不審者の確認もそうです。ペット禁止の場合などではペットが確認できるような防犯カメラ視野角を確保して設置します。敷地内への不審者侵入や敷地内などへの不法ゴミ投棄、違法駐車などの確認です。

設置後の具体的利用方法

設置後はその録画情報を有効に活用します。集合住宅では設置については事前に内容を広報し、設置後は具体的に防犯カメラシステムが稼働したことを広報します。防犯カメラを設置している旨の立て看板を複数たてることもさまざまな問題が起こることへの抑止効果が期待されるのです。またペット禁止の場合には、禁止事項に違反している行動が録画確認されているということを広報することも集合住宅の規定遵守の点から有効です。ゴミの不法投棄問題、ペットの問題などが起こった時には集合住宅の管理組合の会合でこれら録画情報を活用できるといえます。また違法駐車の問題などは録画情報には時刻情報もはいっているので特に録画情報は有効に利用できるといえます。

簡単には作れない

車に乗っている人は、間違って鍵をかけたまま出てしまった、無くしてしまったなどといったことが起こることがあります。そういった時は、どうやって合鍵を作るという選択をする人もいますが、最近は簡単に作れないと言われています。

不審者を撃退する

防犯対策を万全にする為にも、防犯カメラは非常に重要なグッズですが、防犯カメラだけに頼るのではなくて、トラブルに巻き込まれない為にも自分の身を守る為の方法も考えておく必要があります。